岡田浦漁港のおすすめ釣りポイントと釣れる魚、タイドグラフまとめ

関西国際空港の近く、泉南マーブルビーチが隣接した釣り場。

湾内ではアジやサバなどの小物がサビキでよく釣れ、常連のおっちゃんが車で湾内まで乗り入れてきてアジが鯉のぼりになっている。

また、アジング・メバリングの好ポイントでもあり、テトラからは穴釣りで根魚がよく釣れる。

投げ釣りでも小型のカレイが良く釣れ、樫井川側ではハゼやアナゴも釣れる。

ビーチとイオンモールりんくう泉南があることから、子供と奥さんが買い物して遊んでいる間に釣りをするというのも可能なお父さんに嬉しいポイント。

漁協内にトイレも自販機もあるので、すごく便利。

テトラから外向きでは太刀魚や青物が回ってくるが、テトラからの釣りになるので注意が必要。

 

1.釣り場の場所

〒590-0535 大阪府泉南市岡田りんくう南浜

ナビ用付近電話番号:072-484-3223(岡田浦漁港)

2.駐車場

漁協内の駐車場に停めることが出来る。

料金は無料です。

船を繋いでいる堤防部分まで車で行くことも出来るが、夜は落ちそうで怖いのでここに停めるのが安全。

入り口は少し分かりづらいので、下記参照。

 

このポイントから左に曲がって漁協内に入ることが出来る。

 

この看板が目印です。

3.釣れる魚・ポイント

岡田浦漁港でよく釣れる魚としては、「アジ」「サバ」「イワシ」「キス」「カレイ」「サヨリ」「メバル」「チヌ」「カサゴ」「アイナメ」「セイゴ」「タチウオ」「アナゴ」「ハゼ」「チャリコ」が挙げられます。

以下、釣れやすいと言われているそれぞれの魚のポイントをMAPで紹介します。

1:各ポイント説明

注意:漁協側は漁師さんが作業をしていることが多いので、船が係留されている側でロープに引っ掛けないように注意しながら釣りをしよう。

①堤防先端の内側ではサビキ釣りや投げサビキ釣りで地元のおじさんがアジやサバを鈴なりで釣っているのが良く見られる。25cmの良型アジが回ってくることもあるらしい。

②水深は無いがアナゴやハゼが釣れる。

③設置されているハシゴを登ってテトラの上から釣りが出来る。テトラ全域で、穴釣りでは根魚・前打ちでチヌ、アジング・メバリングも出来る。テトラの上からなので、装備をちゃんとして注意して釣りをすること。

④少し投げればキスやカレイ、時期によってはタチウオやルアーで青物が釣れる。同じく足元に注意。

⑤⑥投げ釣りでキスやカレイ、チャリコが釣れる。

4.タイドグラフ

上の画像のような、その日の何時頃にその場所で釣れやすいかを見ることが出来るサイトがありますので、そちらで確認してください。(上の画像はイメージです)

岡田浦漁港のタイドグラフはこちら:泉南市のタイドグラフ

 

以下に”現在”の風速・雨と雷・波の高さの情報をリアルタイムで表示させておきます。

下のバーで時間をズラすことで、釣行時の環境を知ることが出来ます。

釣りが出来るか、危険がないかの参考にしてください。

1:現在の風速

 

参考風速

■ 0~2m/s・・釣りに影響なし

■ 3~5m/s・・許容範囲

■6~9m/s・・難しい

■10m/s~・・危険

 

2:現在の雨と雷

 

参考雨量・雷

■0~1mm・・大丈夫そう

■1~4mm・・カッパ着れば釣りは出来るかな

■4mm~・・危険、魚も釣れない

■雷マーク・・死ぬから逃げて

 

3:現在の波の高さ

 

参考の波の高さ

■0~1.5m・・この辺が基準

■1.5~3m・・湾内でなら出来るかな

■3m~4m・・辞めとこう

■4m~・・死ぬから辞めよう

 

4:現在の海水温

 

魚種別適水温

■マアジ・・19℃~23℃

■カマス・・19℃~26℃

■メバル・・8℃~28℃

■チヌ・・10℃~30℃

■タチウオ・・17℃~26℃

 

※適水温外であっても、釣れないということではありません。あくまで目安です。

引用元:魚の適水温より(もっと知りたい方はこちらへ)

 

5.釣果情報

 

6.関連動画

日曜青空朝市もやっているので、夜釣りのあとに朝市でご飯を食べて帰るなんてどうでしょう。

 

この映像は台風後なので、このように濁っていますが、普段はきれいな釣り場です。

テトラなどの雰囲気が伝わればと思います。

 

 

青物爆釣したいなら弓角!

サーフトローリングが好きで、ついには弓角を自作するまでに至りました。
そこで、ブログの読者様と自作弓角の購入者に限り、爆釣弓角マニュアルをご提供させていただきます。

絡まない・大遠投出来るシステムや弓角のサイズやカラーの使い分け、その他経験や有志の情報をまとめた本当にいろんなノウハウが詰まっています。

是非御覧ください。

フォローすると更新情報を受け取れます。

こんな記事はいかが?