死にかけた!釣り場で起きた事故体験まとめ

この記事は釣り場での事故や悲劇を防ぐ為の啓発記事となっております。

平和に見える海や川でも、一瞬で命を奪う力を持っています。

もちろん全員生還しているから動画があるのですが、衝撃的なものが多いですのでご注意ください。

もし知人でライフジャケットなどを装備しない、泳げるから大丈夫大丈夫~という方がいましたら、紹介している動画を見せてあげてください。

1.テトラポッドから滑って落下

この方の場合、友人との釣行だったので運良く助かりましたが、単独釣行の場合は這い上がれず大変なことになるところでした。

テトラで転落した場合、頭などを打ち意識を失い溺死。テトラの中に引きずりこまれ、長期間発見されないという場合もあるようです。

可能な限りテトラには乗らない、どうしてもという場合は専用のシューズなどの装備を完璧に整え、単独での釣行は避けましょう。

 

ポイント
・必ずライフジャケットは着ける
・テトラには出来る限り乗らない
・乗る場合は専用の装備で固める(釣り用のスパイクシューズ・グローブなど)
・単独釣行は避ける
・雨の後は装備が整っていても乗らない

2.沖磯で海が荒れて死にかける

これに関してはそもそも渡船の船長がおかしい気がしますが、天候が悪い状況で磯に上がり、そのまま海が荒れていき流されかけます。

この状態の海に放り出されたらライフジャケットを付けていたとしても大変なことになっていたでしょう。最悪は・・・

撤収が決まって尚片付けなかったりと叩かれていますが、実際恐怖でパニックになってしまうと正しい判断は難しいと思います。

せっかく来たから・・と磯に渡らず、安全第一な判断が重要です。

 

ポイント
・安全第一
・欲を出さずに諦めも肝心
・道具よりも命が優先

3.滑って落水→上がれない恐怖

この方は釣れた魚をハンドランディングしようとして足が滑り川へ落水。

しかもライフジャケットなしで濡れた身体では岸へ上がれず、たまたま近くにあった浅い場所を把握していたから助かりました。

これがよく知らない場所で落ちた際に頭を打っていたら・・・

本当に生きて帰ってこれてよかったです。

 

ポイント
・濡れた身体では上がれない
・助かったのはたまたま浅い場所があったから
・油断して滑りやすい場所に行かない
・落ちたら魚や竿よりも自分の命優先

4.カヤックで流され帰れない→電波繋がらず憔悴状態に

この方はカヤックで釣りをしていたら天候が一変。

爆風と波で漕いでも漕いでも岸まで帰れなくなり、座礁&落水、そして遭難。

濡れたため寒さで体力が奪われ、電波も繋がりにくい中、たまたま知り合いの方に救助されて助かりました。

絶対に天候は予めチェックしておき、少しでもおかしいと思ったらすぐに安全な場所へ避難するようにしましょう。

 

ポイント
・天候の把握は絶対
・もしもの場合を考えた行動を
・寒さと疲労で、自分では何も出来ない
・回線によっては携帯が繋がらないこともあるので、こういう釣りをする方は携帯の契約から考えよう

5.急な高波で攫われる→顎を5針縫う大怪我

この方は高い場所で釣りをしていたところ、急な高波で7~8mとふっ飛ばされ、アゴの肉が抉れるという大怪我をされました。

波の威力は凄まじく、もし頭を打っていればそのまま・・

竿も折れてしまったようですが、生きて帰れただけ良かったのでしょうか。

 

ポイント
・波は何度かに1回、とんでもなく大きくなることがある
・波が直撃した場合は絶対に立っていられない
・釣りに集中しすぎず、周りの変化を見逃さないように

6.河川でウェーダーに水が→そのまま流される

この方は雪の残る冬の川でウェーダーを着て釣りをしていたところ、思ったよりも深いところまで立ち入ってしまい、川の流れの早さもあってウェーダーに水が入る→足が浮くという流れで、冬の川で数十メートル流されました。

本気で溺れていますので、苦手な方は閲覧注意です。

 

ポイント
・夢中になって深いところまで立ち入らない
・川の流れは簡単に足を掬う威力がある
・パニックになると竿を離すということも想像出来なくなる

7.沖磯で感覚障害・言語障害・意識障害→海上保安庁の救助ヘリで救急搬送

沖磯で単独釣行をしていたら右腕が麻痺して呂律がまわらなくなり意識が・・・

この方は経験が豊富で即座に118番に連絡されていますが、自分がこのような状態になったら冷静に対応出来る自信はありません。

海の「もしも」は118番

海上保安庁は、海上における事件・事故の緊急通報用電話番号として、警察の110番や消防の119番のように覚えやすい局番なし3桁電話番号「118番」の運用を2000年5月1日から開始しています。

引用;海上保安庁

医者の診断では原因不明のようですが、脳卒中や熱中症などは誰にでも起こりうることです。

沖磯などでの単独行動はせず、家族や知人に行き先と定期的な連絡を欠かさないようにしましょう。

 

ポイント
・海での通報先は「118番」
・単独は避ける
・行き先を家族や知人必ず伝える
・水分や食料などは万全を
・絶対に無理はしない

8.見習おう。夜釣りしてたら震度6強の緊急地震速報が鳴る

夜釣りをしているとペットボトルの水が揺れ始め・・・

この方はサイレンが鳴ると同時に全てバックに詰め込みダッシュで退避されています。

こういう場合、人は正常性バイアスという心理が働き、何故か笑ってしまったり周りの人がどうするかを見たりで動けなくなったりしてしまう中、この方は即座に行動をされていることが評価されているようです。

正常性バイアスとは

正常性バイアスとは、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。

自然災害や火事、事故、事件などといった自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、それを正常な日常生活の延長上の出来事として捉えてしまい、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価するなどして、逃げ遅れの原因となる。

引用:wiki 正常性バイアス

特にグループであるほど動けなくなるそうです。

釣り場は特に津波被害にあいやすい場所です。是非見習いましょう。

 

ポイント
・「自分だけ浮いた行動をとったら周りからどう思われるか」という羞恥心は捨て、即座に行動。

9.ため池からは現役の水難救助隊員でも上がれない

つい先日、ため池で釣りをしていた親子が亡くなるという悲劇がありました。

状況的に子供が池に落ちたのを助けようとして、お父さんも力尽きたようです。

この動画では、現役の水難救助隊員の方がため池から脱出しようとしていますが出れず、私たち一般人では絶対に上がれないことがわかります。

もし子供が落ちたとしたら、冷静な判断がどうのというよりも先に自分も飛び込んでしまうと思います。(私も飛び込むと思います)

 

だからこそ、あえて汚い言葉になりますが、自分が着けずに死ぬのは勝手だけれど子供には絶対にライフジャケットを着けさせてください。

子供がライフジャケットを着けていれば、少なくとも時間が稼げるので冷静な判断が出来ると思います。

 

ポイント
・子供を死なせたくなかったら、何があってもライフジャケット
・滑って落ちたら滑って上がれない
・救助するにはロープなどの道具が必要
・釣り竿よりもライフジャケットを先に購入

10.まとめ

例え安全そうに見える場所でも、自然は簡単に人を飲み込んでしまいます。

私の後輩の父親は渓流で亡くなりましたし、良く見ていた釣りブログの方は落水して半身に大怪我をして竿を持てなくなりました。

このまとめた記事が多くの釣り人の目にとまることを祈っています。

ご安全に!

青物爆釣したいなら弓角!

サーフトローリングが好きで、ついには弓角を自作するまでに至りました。
そこで、ブログの読者様と自作弓角の購入者に限り、爆釣弓角マニュアルをご提供させていただきます。

絡まない・大遠投出来るシステムや弓角のサイズやカラーの使い分け、その他経験や有志の情報をまとめた本当にいろんなノウハウが詰まっています。

是非御覧ください。

フォローすると更新情報を受け取れます。

こんな記事はいかが?