これだけ覚えれば大丈夫!釣りに必要な結び方まとめ

釣り初心者が最初にぶつかる壁といえば結び方。

しかも結ぶ箇所によって必要な結び方が違ったり、箇所は同じでも違う結び方がたくさんあって、結局どうすれば良いのか分からなくなってしまう。

私も初心者のことは全く同じことで悩んでいました。

しかし、この記事で紹介する結び方だけを覚えればそれでOK!なようにまとめましたので安心してください。

なぜ言い切れるかって・・?私自身がこの結び方だけしか覚えてないけど何とかなっているからです(説得力)

それではどうぞ。

 

1.接続部などの環に結ぶ

これが一番多用する結び方になるので、是非覚えておいてください。

とても簡単で、強度もバッチリです。

完全結び(漁師結び)

 

2.糸と糸を結ぶ

ナイロンラインの場合は使うことは少ないかも知れませんが、ルアーフィッシングなどでPEラインを使う場合は、PEラインとリーダー(フロロカーボンラインなど)との接続で覚える必要が出てきます。

様々な結び方がある中で最も基本的な結び方と、青物狙いなどで強度を上げたい場合の結び方を2つご紹介します。

電車結び

 

FGノット(電車結びよりも強度を上げたい場合)

補足

私もルアーをするときはFGノットで結んでいますが、ぶっちゃけ難しいので第一精工さんから出ているノットアシスト2 .0を使用しています。

道具を使うだけで簡単に間違いなく時短で出来るのでおすすめです。

 

3.ウキ止めを結ぶ

ウキ釣りをするときに、自分でウキ止めを結ぶときに使う結び方です。

もしズレる場合には、2つ3つと近くに複数ウキ止め糸を結んでおくと棚ボケが防げます。

ユニノット

4.針を結ぶ

市販の仕掛けだけを使う場合は覚えなくても良いですが、覚えておけば針と糸があればいつでも仕掛けを作ることが出来るようになります。

外掛け結び

 

5.のべ竿に結ぶ

のべ竿で釣りをするときによく使う結び方です。

今ではあまり使われなくなりましたが、やってみたいという方は是非。

チチワ結び

コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード
青物爆釣したいなら弓角!

サーフトローリングが好きで、ついには弓角を自作するまでに至りました。
そこで、ブログの読者様と自作弓角の購入者に限り、爆釣弓角マニュアルをご提供させていただきます。

絡まない・大遠投出来るシステムや弓角のサイズやカラーの使い分け、その他経験や有志の情報をまとめた本当にいろんなノウハウが詰まっています。

是非御覧ください。

フォローすると更新情報を受け取れます。

こんな記事はいかが?