ライトカゴ釣り用の超軽量ストレート天秤の作り方

ライトカゴ釣りが昔から盛んに行われてきた和歌山の南紀では紀州カゴ釣りと呼ばれているのですが、軽いカゴや専用の天秤などが市販されていることが少ないこともあって、地元の釣り人は道具を自分で自作しています。

そんな中でも、仕掛けの要である「天秤」「クッションゴム」「網カゴ」の3つのうちの1つである天秤の作り方を解説していきます。

最終形態はこんな感じで、特徴としては「軽い」「熱収縮パイプでクッションゴムと接続しているので絡みにくい」「カゴの取付部が誘導式なので魚の食い込みが良い」という利点があります。

ちなみに、ライトカゴ釣りの仕掛けの全体像はこの記事で詳しく解説しているので是非どうぞ。

 

1.用意するもの

これで天秤を作り、クッションゴムと接続すれば完成です。

クッションゴムは狙う魚によって変わりますが、私はΦ1.5mm~2mmの2パターンを作って使い分けています。

 

工具

とりあえず、0.8mmのステンレスのバネ線が切れればなんでも良いので、切断出来る工具が必要です。

あとは、ステンレスのバネ線を環にする必要があるので、先が細長くなったペンチがあると良いです。

あとはハンダゴテも簡易的なもので良いので必要ですね。

 

これらは全て100均で揃うと思います。

 

ステンレス304バネ線 0.8mm

これが天秤の材料となるステンレスのバネ線です。

必ず0.8mmにしてください。いろんな太さを試しましたが、1mmは重くなり、0.6mmは強度が弱すぎてすぐに駄目になります。

楽天で買うと異常に高いのでamazonがおすすめです。

NTスイベル(N.T.SWIVEL) ステンレスライン 50cm 0.8mm

ステンレスクリップ Sサイズ

0.8mmのステンレス線がちょうど入るサイズがSサイズです。

必ずSサイズを購入しましょう。

ハンドプレッサー

ステンレスクリップをキレイに固めることが出来る工具です。

これがあれば、太刀魚のワイヤー仕掛けも自作出来るようになるので購入して損は無いと思います。

こちらも楽天で買うと異常に高いのでamazonがおすすめです。

DAITOU(ダイトウブク) ハンドプレッサー 1930 S

ローリングスナップ

カゴを取り付けるのに使うスナップです。

あまり大きいと重量が増すので、8号くらいがおすすめです。

YO-ZURI(ヨーヅリ) 雑品・小物: ローリングインター徳用 黒 8号

ハンダ(ステンレス用)

100均にもあるのですが、ステンレスに使用出来るものではありませんでした。

ステンレスに使えるハンダじゃないと加工できないので、特にこだわりがないのであれば、このハンダを強くおすすめします。

とても使いやすい良いハンダですよ。

熱収縮パイプ 5号

クッションゴムと天秤を固定するために使います。

余裕をもたせるなら5号が良いですが、4号でも大丈夫だと思います。

100均でもなんでもよいもの

・ライター

・ビーズ

 

どっちもダイソーに売ってます。

2.ライトカゴ釣り天秤を作っていく

では順に作っていきましょう。

ステンレス棒とクッションゴムを繋ぐ

まずは、ステンレス棒を20センチくらい(15センチの天秤を作る場合)にカットし、4~5センチにカットした熱収縮パイプ、ステンレスクリップとクッションゴムを用意してください。

 

クッションゴムの片側は天秤に接続するので、重量を軽くするためにスイベルなどは切断して外しておいてください。

 

次にペンチで環を作り、スイベルを外した側のクッションゴムを通して、スレンレスクリップで固定します。

 

天秤とクッションゴムがつながったら、熱収縮パイプをかぶせて、ライターで炙って固定すればOKです。

この際、クッションゴム側を炙りすぎるとクッションゴムが溶けてしまうことがあるので注意してください。

ライターが怖ければ、ドライヤーや熱湯をかけても大丈夫です。

 

天秤取付部の環を作る

次に、道糸側の天秤の環を作りますが、その前にビーズとスイベル、スレンレスクリップを通しておきます。

「ビーズ」→「スイベル」→「ビーズ」→「ステンレスクリップ」の順で通すようにしてください。

通したら環を作ってステンレスクリップで固定します。

 

ハンダ付けする

環が出来たら、環から4センチくらいのところに印を付けて、ハンダで粒をつくります。

ステンレスクリップもハンダ付けしておくと補強になります。

 

これで完成です!

簡単でしたね。

3.注意点

天秤の役割は「糸絡みを防ぐこと」これが9割です。

ですので、スイベルがエギング用のようなグルグルしたのに差し込む形状のものは使用せず、天秤の切断部分の尖ったところをちゃんとハンダ付けするなどして、ラインが引っかかる要素を出来る限り排除しましょう。

 

思ってる以上にこういう箇所でよく絡みます。

4.めんどくさいならこの天秤でもOK

ここまで読んで流石にやってられんわと思った方は、この天秤の30cmに20センチくらいのクッションゴムを接続して、熱収縮パイプで接続してもOKです。

カゴの取り付け部分は誘導にならないので食い込みの良さは少し落ちますが、絡まず軽量な天秤であるという条件は十分クリアできます。

 

では、良いライトカゴ釣りライフを!

青物爆釣したいなら弓角!

サーフトローリングが好きで、ついには弓角を自作するまでに至りました。
そこで、ブログの読者様と自作弓角の購入者に限り、爆釣弓角マニュアルをご提供させていただきます。

絡まない・大遠投出来るシステムや弓角のサイズやカラーの使い分け、その他経験や有志の情報をまとめた本当にいろんなノウハウが詰まっています。

是非御覧ください。

フォローすると更新情報を受け取れます。

こんな記事はいかが?