このマニュアルは「弓角工房-HANAUTA-」が執筆しております。

メルカリで市販には真似出来ない釣れる秘密が満載の特別な弓角を経費ギリギリで販売しております→メルカリ販売ページ

サーフトローリングで絶大な釣果をあげることが出来る、特別な弓角を手に入れて青物の爆釣を味わってください。

1.サーフトローリングの基本

 

1)弓角を投げて高速巻きするだけで青物が狂う

弓角は元々漁師が船でトローリングとして使っていた漁具です。

それがサーフトローリングとして陸っぱりから青物を狙うようになり、弓角も小さくなりました。

 

弓角の優れた点は「圧倒的飛距離」「シルエットが小さい」「弓角独特の光の反射と波動」「トレーラーによるナブラ演出」にあります。

投げ竿を使用すれば100mは楽勝、150m遠投も可能です。

また平均4cm程度のサイズなので、メタルジグではほぼ釣れないシラスがベイトのときでも当然のように爆釣。

ジェット天秤やマウスでナブラを演出することで遠くから青物を寄せるという和製最強ルアーなのです。

 

2)基本は遠投して高速で表層ただ巻き

サーフトローリングの基本的な操作はこの記事がわかりやすいのでおすすめです。

LINK:ハマチが釣れるサーフトローリング。投げて巻くだけのお手軽釣法を解説

 

3)弓角の結び方

このコブを作ることで弓角の回転のヨレをある程度防ぐことが出来ます。(完全に解消は出来ないのでサルカン必須)

コブだけで不安だからとハリスと結ばないように。

 

2.おすすめの仕掛け

弓角は軽いので前にトレーラー(マウスやジェット天秤など)をつける必要があります。

その為、使用する竿によってトレーラーの重さや力糸の有無など、タックルバランスが重要になってきます。

様々なパターンでおすすめのタックルバランスをご紹介しますので、是非参考にしてください。

【ヒント】投げて絡まないなら、弓角の上部1mくらいに15cmくらいのエダスを出して、土佐カブラやメバルジャバラベイトをつけるのもよく釣れます。

 

1)釣果重視の投げ竿ド遠投

サーフトローリングでは「飛距離=釣果」と言っていいほど青物の回遊ゾーンやナブラに届かせるための飛距離が重要になってきます。

体力が必要になりますが、とにかく釣りたい方向けの仕掛けです。

 

①ロッド:投げ竿4m程度(25~30号クラス)

②リール:投げ釣り用スピニングリール(ドラグ付き)、またはカゴ釣り用大型スプールのスピニングリール(ドラグ付き)

③道糸:PE1.5号200m

④力糸:PE1.5号~6号のテーパーライン(またはナイロン5号~12号のテーパーライン)先端に投げ釣り用スナップスイベル装着。

⑤トレーラー:飛距離を出したいならジェット天秤25~30号、そこまで飛距離が必要ない場合はマウス20~25号

⑥スイベル:5連サルカン(2号)(絡ませない為には必須)

⑦ハリス:フロロカーボン6~8号 3m以上(短いと早巻きしたときに魚がなかなか弓角を食えない)

⑧弓角(またはワーム・土佐カブラ・ジャバラベイトなど)

 

ちなみにフィンガープロテクターは必須です。無いと指が痛くて投げられません。

また、飛距離は落ちますが磯竿5号でも可能です。

2)手軽にルアーロッドで楽しむ

飛距離は投げ竿には全くかないませんが、軽く疲労が少なく長時間投げ続けることができるのがメリットです。

堤防で近距離に寄ってくるような釣り場なら充分戦えるかも。

 

①ロッド:ルアーロッド11~13ft Hクラス以上の硬さがおすすめ(竿が短いとハリスが長く取れないので10ft以上は欲しい)

②リール:4000番程度のドラグ付きスピニングリール

③道糸:PE1.5号150m以上

④リーダー:ショアジギング時と同じ太さを流用可能。先端にスナップスイベル装着。

⑤トレーラー:竿に合わせた重さのジェット天秤、またはマウス10号

⑥スイベル:5連サルカン(2号)(絡ませない為には必須)

⑦ハリス:フロロカーボン6~8号 1.5m以上(できるだけ長くとる)

⑧弓角(またはワーム・土佐カブラ・ジャバラベイトなど)

 

弓角に飽きたらそのままメタルジグに切り替えることができるのもメリットですね。

3)エギングロッドで小型青物を狙う

エギング中にデカアジが釣れてたり、小型青物が釣れだしたというときに持っておくと便利なセットをご紹介します。

ブリが掛かったら諦めてください\(^o^)/

 

①ロッド:エギング流用

②リール:エギング流用

③道糸:エギング流用

④リーダー:エギング流用

⑤トレーラー:ミニジェット天秤(4~8号)、シャローフリーク等の飛ばしウキも可

⑥スイベル:5連サルカン(2号)(絡ませない為には必須)

⑦ハリス:フロロカーボン5号前後 1.0m以上(できるだけ長くとる)

⑧弓角(またはワーム・土佐カブラ・ジャバラベイトなど)

 

弓角は3cm~4cm程度、ジャバラベイトもアジが良く釣れます。

表層よりも沈めてゆっくりただ巻きがおすすめ。

4)仕掛けがほぼ絡まない個人的最強仕掛け

ジェット天秤やマウスでは絡むことの多い弓角ですが、このシステムならほぼ絡まずに気兼ねなく遠投が可能です。

私が愛用しているシステムですのでよかったら参考にしてください。

 

①ロッド:DAIWA プライムキャスター 27-405

②リール:SHIMANO 17 フリーゲンSD35

③道糸:PE1.5号200m

④力糸:PE1.5号~6号のテーパーライン(またはナイロン5号~12号のテーパーライン)先端に投げ釣り用スナップスイベル装着。

⑤天秤+トレーラー:dompotime ロータリー天秤 + 改造発泡ジェット天秤 25号(メルカリで発泡ジェット天秤で検索すると手作りされている方がいます)

⑥スイベル:5連サルカン(2号)(絡ませない為には必須)

⑦ハリス:フロロカーボン7号 3.5~4m

⑧弓角(またはワーム・土佐カブラ・ジャバラベイトなど)

 

◎ロータリー天秤+改造発泡ジェット天秤のイメージ

 

用意は大変ですが、「絡まない・抜群の飛距離・浮きやすく表層を狙いやすい・沈めて狙うことも出来る」という美味しいとこ取りなシステムです。

 

3.弓角の使い分け

市販の弓角は4cm~4.5cmで銀針とデザインはほぼ同じですが、自作弓角ならいろんな拘りで作ることが出来ます。

私の自作品で恐縮ですが、それぞれのカラーや弓角のメリット・デメリットをご紹介します。→メルカリ販売ページ

少しの違いが釣果に結びつきます。

1)市販、自作の弓角と針交換式の弓角のメリット・デメリット

①市販品のメリット・デメリット

■メリット
・安い
・安定した動き
・いつでも手に入る
・銀針で錆びにくい
■デメリット
・最低限のカラー、装飾で戦略の幅が狭い
・ブリ属に強い金針が使えない
・アピール不足

 

②自作弓角のメリット・デメリット

■メリット
・豊富なサイズ、カラーで戦略の幅が広がる
・ブリ属に強い金針が使える
・魚が異常に反応するアワビカラーや自然素材が使える
■デメリット
・市販よりも値段が高い
・製作数が少ない
・金針を使用した場合錆びやすい

 

③自作針交換式弓角のメリット・デメリット

■メリット
・豊富なサイズ、カラーで戦略の幅が広がる
・トレブルフックなど状況に応じた針が使える
・錆びやすい金針を使用した場合でもすぐに交換出来る
・魚が異常に反応するアワビカラーや自然素材が使える
・尻尾を振るような艶めかしい動き
■デメリット
・市販よりも値段が高い
・製作数が少ない
・通常の弓角よりも針がラインに絡みやすい

 

2)弓角のサイズの使い分け

左から3cm・4cm・4.5cm・5cm

どのサイズでも様々な魚が釣れますが、基本的な目安をご紹介します。

 

①3cm~3.5cm

市販では手に入らない小さい弓角。

基本の4cmでも食ってこないときや、ベイトがとても小さいとき、アジなどの小型の青物を狙うのにベストなサイズです。

 

②4cm

もっとも基本的なサイズで、まず最初に投げる弓角。

とりあえずこのサイズがあればOKです。

 

③4.5cm

大物狙いの高アピールな弓角。

サイズアップを狙いたいときや、4cmの弓角で食ってこないときに逆にサイズを上げてアピールする弓角です。

 

④5cm

自作弓角のYouTuberとして活躍している方が、この5cmの弓角を使って多くの釣果を上げています。

めったに使いませんが、ベイトが大きいときに投げると効果的です。

 

3)弓角のカラーの使い分け

弓角はカラー選択が釣果の違いに大きく繋がります。

状況や地域によって違うことがありますが、基本的な指針にしてください。

 

①クリア系統

クリア系統の弓角は季節を問わずいつでも釣れる弓角です。

一番効果的なのは太陽がのぼりきった後のトップで、太陽の光を反射してとても魅力的に魚にアピールします。

ただ、濁っているときやボトムを狙うにはアピールが弱く、違うカラーを使うほうが効果的です。

特に幼魚には効果抜群で、シーズン初期は特に良く釣れる弓角です。

 

②ホワイト系統

ホワイト系統の弓角も季節を問わず様々な魚が釣れる弓角です。

特にカツオ類には効果抜群で、トップでもボトムでも濁っていてもアピールする万能なカラーです。

もちろんカツオ以外にも他の青物にも効果抜群で、必ず持っておきたいカラーです。

 

③ピンク系統

ピンク系統の弓角はもっともアピールの強いカラーで、どんな状況でも使える一番万能な弓角です。

特にイナダやカンパチ、シイラや底物に強く、これだけ投げておけばなにかしら釣れると豪語する人がいるほど。

まずはこのカラーから投げることが多い弓角です。

 

④ブルー系統

ブルー系統もイナダやカンパチに強い弓角で、ボトム狙いに効果を発揮します。

青色は光の波長がもっとも遠くまで届くカラーで、魚を遠くから寄せる効果があるのか、シーズン後半によく釣れるカラーです。

ピンク派が多い中、ブルーが一番釣れるという人もいて、地域によって釣れるカラーが違うのかもしれません。

 

⑤ブラック系統

ブラック系統はどのカラーでも釣れないときに投げる最終手段として活躍するカラーです。

ブラックは一番シルエットが濃いカラーで、もっともリアルなカラーと言えるかもしれません。

プロのアングラーもブラックカラーのルアーを数個はタックルボックスに忍ばせていることからも、必ず釣ってやるという負けず嫌いにはピッタリな弓角です。

 

4)自作弓角が釣れる秘密

弓角で何十年も釣りをしている一部のアングラーが揃って口にするのは、

釣れる弓角の共通点は決まって

・すべての色が角度によって出ること

・自然由来の素材で工業製品では出せない自然な光の反射

・ブリ属には金針が特に有効

 

そんな条件を揃え、こだわり抜いたデザインと装飾の威力。

これで釣れなければ諦めてください。

 

5)針交換式弓角のフック・装飾について

針交換式弓角については、以下のサイズあたりがバランスがいいと思います。(対象魚に合わせてサイズを変えてください)

可能性は無限大ですので、他にもいろいろ試してみてください。

 

スプリットリング:3前後(高剛性のもの)

針:カン付き伊勢尼12号前後

トレブルフック:#8前後

メバルジャバラ:30mm

 

6)魚の牙やゴロタ浜でボロボロになったら

弓角は根がかりでロストしにくいので、サゴシカッターやタチウオにやられなければ結構長持ちします。

ただ、牙やゴロタ浜の石で保護膜がボロボロになることはありますので、定期的にマニキュアのトップコートを上から塗ると長持ちします。

(ライン通しの穴には塗らないでください、塗ってしまった場合は乾燥してから虫ピンなどの細いハリで再度穴を貫通させてください)

ダイソーのトップコートが非常にクリアでおすすめです。

4.サーフトローリング攻略

サーフトローリングの攻略情報を順次追加していきます。

更新されているかもしれませんので、たまに覗いてみてください(^o^)

 

1)トレーラーの提案

サーフトローリングでは先程紹介したdompotime のロータリー天秤やキス用の天秤などを使えば様々なトレーラーを活用できます。

そこで私が普段使っているトレーラーをご紹介しますので、是非参考にして新たな可能性を発見してください!

 

①発泡ジェット天秤にブレード装着

改造した発泡ジェット天秤の底に輪を作り、そこにブレードをつけてしまう飛距離と浮き上がり能力に、更に超絶アピールを与えてしまったお気に入りのトレーラーです。

ただ飛距離が少し落ちるのと、たま~にブレードにハリスが絡むことがあるのが欠点。

発泡ジェット天秤は以下の動画を参考にすると自作出来ます。

 

②マウスをぶった切って天秤仕様に(ブレードもあり?)

マウスの最初からついている腕の部分をぶった切って天秤仕様にしたパターンです。

それだけで絡むことが少なくなり、飛距離が落ちすぎておすすめしませんがブレードつければお祭り騒ぎのようなトレーラーになります。

さすがにやりすぎ?

 

③底狙いにルアーデザインの六角オモリ

トップや中層で釣れないときに底に割り切って使うトレーラーです。

オモックみたいな六角オモリに針つけただけのルアー?でも釣れるので、アピール効果はある・・・はず(信じれば報われる)

 

2)底物狙いでの弓角のアクション

私もよくやるのが底物狙いの弓角テクニック。その名もノコギリ打ち!

底をとって数回全力で巻いて底まで落とすというのを繰り返す方法です。

これが結構釣れるので、是非やってみてください。

 

こちらのブログで紹介されています。

https://ameblo.jp/nabura-hunterex/entry-12278513988.html

 

3)弓角に食ってこないときのあの手この手

よく釣れる弓角ですが、どうしても食ってこないときがあります。

そういうときは執着してても仕方ありません、魚がそういう気分じゃないのです。

なので、どうしても釣りたいという方は是非以下のアイテムを試してみてください。

これで駄目なら・・そういう日もあります。

 

①小型ミノー

カマス用などの潜りすぎない小型ミノーがおすすめ。(フロントフックは外す)

ナブラ打ちも出来ますが、それよりもルアーの動きをイメージしながら重めのオモリで底をひたすらズル引きしてくると、カマスはもちろんいろんな魚が釣れます。

絡まりやすいのが玉に瑕

 

②タコベイト

タコベイトの頭に中通しの1号を入れるのがおすすめ。

ナブラ撃ちはもちろん、トレーラーで疑似ナブラを起こして引いてくるときに少し止めてやると、オモリが入っているのでスーっと沈みます。

そのタイミングで食ってくることが多い印象です。

底を攻めれば根魚もよく釣れます。

 

③プニイカ

プニイカはケミホタルを入れることが出来る、現代のタコベイト(イカか?)

これにトレブルフックを装着すれば、メタルジグが届かない距離から太刀魚を引っ張り出せます。

なにやってんだこいつという目でお年寄りに見られるのが玉に瑕

対象魚がチヌ、アジ、マダイ、シーバス、タチウオ、キジハタ、カサゴ、メバル、ソイ、アブラコ、サーモンとなっているので、相当汎用性が高そうです。

 

④土佐カブラ

枝針に定番の土佐カブラですが、紐を解いていろんなパターンを自作するのが面白い。

いっぱい付けてサーフトローリングのサビキバージョンが出来ます。

大サバが2匹3匹と釣れると大変なことに。

市販品でナブラカブラという商品が販売されていますので、こちらもおすすめです。

 

⑤メバルジャバラ

メバルジャバラという名前ですが、これで中層~底をゆっくり引くとデカアジが良く釣れます。

おすすめはケイムラとグローカラー。

 

⑥ワーム

ナブラ撃ちに反応がないときにワームに変えるといきなり釣れたりすることがあります。

特にカツオやワカシなんかが良く釣れる印象。

もちろん底をゆっくり引けばアジが良く釣れます。

ダイソーのシャッドテールワームも固めでハリがあってナブラ撃ちに良さそう・・

 

⑦餌木

場所取りで早く来すぎて真っ暗なときや、何も釣れなくて帰ろうかなというときにおすすめなのが2号~2.5号の餌木。

ハリス3号程度で遠投して、底をゆっくり引いてくるとコウイカやアオリイカが釣れます。

参考記事:投げ竿エギング

誰も届かない距離の餌木にスれてないピッチピチのイカを独り占め出来るかも。

アクションは付けられないので、パタパタ最強だと思います。(飛距離は落ちるけど餌巻き餌木も可)